ホーム > K's Aromaについて

K's Aromaについて

K's Aromaコンセプト

concept-img.jpg

K's Aromaについて

アロマテラピーは、ストレスの多い現代社会において、「癒しアイテム」として急速に広がっています。そもそもアロマテラピーとは、自然療法の1つであり、植物療法の中に含まれる「芳香療法=アロマテラピー」というものです。

もともとは、古代エジプト人など、古代の人々が、薬のない時代に薬草やスパイスを使って病気を治療し、それらが放つ香りを瞑想などに利用していたことが語り継がれ、やがて進化して、現代の生活に自然療法として役立てられてきました。

「アロマテラピー」という言葉が生まれたのは、1930年代に、フランス人のルネ・モーリス・ガットフォセという博士が、自らの重度のやけどが、偶然、化粧品用として研究していたラベンダーの精油によってすばらしい回復をし、その経験からラベンダーの精油をさらに研究し、新聞に発表したことがきっかけで「アロマテラピー」という言葉で表現されるようになり、世の中に広まったといわれています。この頃から、昔からの自然療法としての使い方と、香りや美容効果もあわせた、現在のようなスタイルの「アロマテラピー」が広がっていったものと思われます。

私は、銀行員時代の激務で体調を崩した時に、ある東洋医学専門の治療院に通い、体調が回復した経験から自然療法に興味を持ちました。人間本来が持っている自然治癒力を初めて意識するきっかけとなった経験でした。それから、結婚、出産を経て、育児ストレスから体調不良に悩まされるようになり、ストレスを癒すものとして「香りと植物の薬理効果」を持つ、自然療法としてのアロマテラピーの魅力にどんどんと引き込まれました。

生活に役立つアロマテラピーを

HP-baby1.JPG

最初は自分を癒すためのアロマテラピーでしたが、次女が小児喘息とアトピー性皮膚炎で、育児に悩まされた時に、自分を癒す為のアロマテラピーの知識は、自然療法として体調管理に活かし、本当に役立つアロマテラピーを実践するには勉強が足りないと痛感。次女の体調管理にも「本当に役立つアロマテラピー」を習得しようと、英国IFA認定アロマセラピスト資格を取得するためスクールへ通いました。

育児をしながら、スクールで勉強する中で、まずは私にとって「本当に役立つアロマテラピー」は、「家族の体調管理」や「お客様を迎えるための空間コーディネート」など、「生活のあらゆる場面で本当に役立つアロマテラピー」でした。これが、K's Aromaの「原点」となっています。そして、この原点を糧に、プロとして「使う人に役立つアロマテラピー」をコンセプトに活動した積み重ねが、現在のK's Aromaです。

アロマテラピーに触れ合って10数年、アロマセラピストとしては2012年で7年目を迎えます。「使う人に役立つアロマテラピー」をコンセプトに、心を込めてみなさまにアロマテラピーをお伝えしていきます。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

PAGE TOP