ホーム>ブログ

ブログ

柔軟剤の「スメハラ」対策と手作りアロマ柔軟剤

2018215221310.jpg※写真は以前イベントアロマ講座で「手作りアロマ柔軟剤」を作った時のものです。

 

オールアバウトにて「手作りアロマ柔軟剤」の記事をリライトしました。

「スメハラ対策に!手作りアロマ柔軟剤」

https://allabout.co.jp/gm/gc/406350/

 

気が付けば、あっという間に2月に突入。1月からアットアロマ株式会社よりアロマ空間コーディネートの業務委託を受け、1月はたくさんの場所のアロマ空間コーディネートを経験させていただきました。久しぶりに銀座界隈にも出向き、また新しいアロマの世界に触れられていることに感謝しました。研鑽して、ご報告できるようしっかりと経験を積みます。

 

1月(日付未確認です)の日本経済新聞の春秋に「スメハラ」という言葉が生まれたことに触れたコラムが掲載されていました。なんでも「ハラスメント」というワードで表現される世の中の事に触れていたように記憶しています。「ニオイ」という空気中を目見見えず自由に飛び交うものにも「ハラスメント」という言葉が生まれてしまうんだなと個人的には少々寂しい気持ちを持ちながら読んだように思います。

 

しかしながら、「香り」を仕事にしているものとして「ニオイ」が「ハラスメント」と言われてしまうのも理解できます。「嫌なニオイ」は「嫌な感情」と「嫌な記憶」として残ってしまうので「凶器」ととらえられても過言ではないのかもしれません。「ニオイ」となって認識する「芳香分子」は「揮発性の物質」なので、空気中を漂い「ニオイ」として認識されます。空気中を揮発して漂い、無色で人間の視覚では認識できない物質ですから、なかなか遮ることは難しいのもご理解いただけるでしょう。

 

「ニオイ」は、人によって同じニオイでも「良し悪し」が分かれます。芳香分子をキャッチする遺伝子情報が人それぞれ違うためです。よって様々な人が行きかう場所での柔軟剤のニオイは「良し」と感じる人もいれば「苦手」と感じる人に分かれます。ましてや電車などの「密封された空間」では、苦手な香りが気になってしまうと不快になってしまいますよね。

 

私は市販の柔軟剤を楽しく使用しています。なぜなら大学生で上京した時に一人暮らしをしていて、当時の私は柔軟剤の香りのおかげで楽しくひとり洗濯ができていたからです。また、安定した柔軟剤の香りが一人暮らしに温かみをあたえてくれていたようにも感じています。なんとなく今でもその香りを嗅ぐと、とても穏やかな気分になります。香りにはその人が「好き」と感じると、忘れられない、いい思い出になります。そして、その柔軟剤はあれから30年近く経っている今でもほぼ「同じ香り」です。市販の柔軟剤の良さは合成香料だからこその「安定した香り」です。いつでも安定する香りが提供できるからこそ、ずっと定番の香りが楽しめるわけです。

 

どちらにしても「香り=ニオイ」は人によって感じ方が違うので、「何のために使うのか?」という点を考えて楽しんで頂けると素敵なアイテムであることは間違いないのではないかと感じています。すべての人にOKな香りを探す方が難しいことかもしれませんが「目的と節度」をしっかりと見極めて選んだ香りはおそらく「不快」や「スメハラ」という言葉でご迷惑をかけることも少ないのではないかと感じています。

 

この手作りアロマ柔軟剤は、もともとは私の娘がアトピー性皮膚炎で市販の柔軟剤にも肌が荒れてしまって困ったことから活用しているものです。時代の変化やクエン酸の活用で少し進化して、「スメハラ」という言葉が聞かれる現代社会にも役立つかもとリライトしましたが、「体にも地球にも優しい、手作りアロマ柔軟剤」なので、必要としている方に、この手作りアロマ柔軟剤が役立てば幸いです。

 

※アロマ柔軟剤はアロマオイル(精油)を使うので、洗濯物を乾燥機で乾燥することは注意していただくほうが安全です。オールアバウトの記事ではその点も触れています。

寝る前のホットアロマスチームでインフルエンザ・風邪予防!

2018123225824.jpg

 

大雪で大混乱の東京です。今回の雪は本当にたくさん積もりました。こういう時はケガや体調を崩さないように気をつけたいですね。東京は高校受験の真っ最中です。推薦受験から始まり、2月の最終週まで続きます。大学受験もセンター試験が終わり、これからは私立試験と国立2次試験に向けてとても体調管理が大事な時期です。

 

こういう季節は、「アロマスプレー」や「アロマディフューザー」での感染症予防のための空間作りが注目されます。加湿器もアロマオイル対応のものも多いので、アロマ好きな方は、皆様各ご家庭で実践している空間作りがあると思います。

 

風邪、インフルエンザ予防として代表的なアロマオイル「ティートリー」。このアロマオイル(精油)は、感染症の原因となる3大原因(ウィルス、細菌、真菌)全てに効果があると言われているアロマオイル(精油)なので、アロマケアで風邪、インフルエンザ予防の空間作りを考えている方にまず最初におすすめしたいアロマオイルです。

 

このブログでは、感染症予防に役立つそのほかのオイルについての詳細説明については割愛させていただきますが、アロマオイル(精油)についての知識が多くなってくると、お好みや環境、状況に応じて様々なアロマオイル(精油)をピックアップして楽しんで頂けると思います。

 

アロマディフューザーや加湿器があれば、それにまず適量のティートリーを垂らして使っていただければ、簡単に空間作りが可能ですが、今回は「アロマディフューザーが家に無くてもできるホットスチームの簡易アロマディフューザー」についてお伝えしたいと思います。インフルエンザは「急に」感染に気付くことが多いので、家族に感染者が出てから「アロマで空間作り」をしたいと思ってもアロマディフューザーが無いので何もできない、、、と困ってしまう時など、、緊急時にこの方法を知っておくととても役に立つと思います。

 

方法はとても簡単!

 

2018123225910.jpg※【注意!!】蒸気が長く続くほうがベターなので、お湯はしっかりと沸騰したものを耐熱容器に入れましょう。小さなお子様やペットがいる場合は充分に注意してください。耐熱容器の熱湯が、こぼれたりしないよう安全な場所での使用をお願いいたします。

 

(1)耐熱ボウル、または耐熱カップを用意。

(2)お湯を沸かす。

(3)耐熱ボウル、または耐熱カップにお湯を注ぎ、ティートリーを10滴程度垂らす。

(4)予防したいお部屋や空間にしばらく置いておく。

※注意点 耐熱ボウルには熱湯を入れるので、容器が倒れたりしないよう安全な場所で置くこと!!

 

これだけで大丈夫なの?と思う方もいらっしゃると思いますが、これが思いも他活躍するのは「寝る前の寝室」です。私は入浴→就寝というリズムがあるのですが、日中疲れて喉が痛いな、、という時などはこの方法を活用することが多いです。スチームとアロマオイルで寝室をティートリーの香りにしてから眠ります。お風呂から上がり、寝室に戻るとティートリーの良い香りが漂っている柔らかい雰囲気も、リラックスできて良く眠れるのでとても気に入っています。

 

寝る前以外、他の部屋において、特にリビングはキッチンと続いているので、鍋にお湯をぐらぐら沸かしたところに「ティートリー10滴ほど」を垂らして、しばらくぐらぐら沸かしたままにします。そうすると、蒸気とティートリーがあっという間にリビングに広がり、機器を設置したり、洗ったりしないでさっと空間作りができます。「蒸気とアロマオイル」が両方空間に広がる方法であるという点が、感染症予防に役立つ理由です。寒い部屋だとすぐにお湯が冷めますが、暖房が効いている部屋には、暖気も役立って香りの広がりも良いので、一度試してみてくださいね。もうかれこれ15年は、活躍している我が家の簡易アロマディフューザーです。

 

これからが感染症予防の本格的な季節です。アロマオイル(精油)は、植物が持つ抗菌、抗ウィルス作用を活用して香りだけでなく、効果効能を活かした機能的なアロマ空間デザインも魅力です。機器等がなくても簡単にできる「ホットスチーム簡易アロマディフューザー」ぜひ活用してみてくださいね。

2018年はアロマ空間デザインのスキルアップを!

20181510551.jpg

 

新年あけましておめでとうございます。3年連続受験生のいる我が家は、受験生がいる年末年始らしく東京で静かに過ごしました。大学受験、高校受験と立ち向かう受験生の状況は違えど、将来に向かって様々な選択をする節目というものは、慣れることなく毎回親としても気が張るものです。そんな受験生と毎日触れていることもあり、ここ数年はK's Aromaの業務内容についてしっかりと考え準備をする時間に使わせてもらっています。

 

その1つとして、私がアロマセラピストの資格を取得した15年ほど前からずっと取り組んでみたかった「アロマ空間デザイン」業務についての勉強をここ数年取り組んでいました。資格を取得してから、研修期間を経て2018年はやっと本格的に業務に取り組める運びとなりました。

 

アットアロマ株式会社と業務委託契約を結び、本格的に「アロマ空間デザイン」に取り組む運びとなりました。K's Aromaでの「アロマ空間デザイン」については、お客様のご依頼内容に応じては、アットアロマ株式会社本社との「アロマ空間デザイン契約」をお繋ぎできる形でご案内できる運びとなりましたのでご報告をさせていただきます。

 

アットアロマ株式会社のアロマ空間デザインの良さは「天然アロマオイルのみでのアロマ空間デザインが可能であること」です。また機器が24時間、ウィークリー管理で対応できるので、アロマ空間デザインを行っている空間の管理者に、機器の管理の負担がほとんどないことも魅力でした。

 

空間に「花を生けるように香りを生ける」そして、花よりも「効果効能の機能が活かせる」という点をプラスαして「デザインする空間に意味を持たせる」そんな「アロマ空間デザイン」がお届けできたらいいないう思いを込めて、日々精進したいと思います。

 

20181510730.JPG

 

K's Aromaでは、これからも「出張アロマセミナー 各種」「おうちで楽しむ季節のアロマ講座」「JAAアロマコーディネーター資格講座」など、各種講座に取り組んで参ります。ご依頼の皆様にとっては「役立つアロマテラピー」を、アロマの仕事をしたい方のためには「仕事に繋がるアロマテラピー」を大切に考え、私自身の引き出しを増やしながら皆様にご提供します。

 

本年もK's Aromaをどうぞよろしくお願いいたします。

 

2017の冬至 我が家は「黒糖ゆず湯」を楽しみます!

20171221235243.jpg

今日、12月22日は冬至です。冬至の慣わしと言えば「ゆず湯」と「カボチャ」! 我が家では、どんなゆず湯に入ろうか?と毎年考えます。基本的には、「ソルト」や「重曹」と「ゆず」で入浴することが多いのですが、今年は例年以上に私の肌の乾燥が気になっているので、久しぶりに「黒糖」でゆず湯にすることに決めました。

 

我が家では「入浴剤」の基材を選ぶときに、下記を軸にして選ぶようにしています。

 

◆「ソルト(塩)」でのゆず湯は、デトックスやダイエットで汗をかいたり温まりたいとき

◆「重曹」でのゆず湯は、肌のくすみをとり温まりたいとき

◆「黒糖」でのゆず湯は、保湿をして温まりたいとき

 

ゆず湯で注意しなくてはいけない点は、柑橘系のアロマオイルと同様「肌刺激」です。ゆず湯は、ゆずの爽やかな香りでリラックスができて温まりますが「チクチク」と肌刺激が気になって、ゆず湯に入りたいけれど躊躇してしまうという人、意外に多いと思います。私もその中の1人なので、ゆずを丸ごと湯船に浮かべるのはいつも控えています。

 

しかしながら、ゆず湯の何とも言えない香りはたまらなく大好き。という事で毎年の冬至のゆず湯で気を付けていることは、肌刺激を和らげるように、ゆず以外の入浴剤になる基材をピックアップして「アレンジしたゆず湯」を楽しんでいるという事です。

 

ゆずが刺激があるので、糖類である「黒糖」はお湯もまろやかになり保湿に役立ちます。ゆずの爽やかな香りに、黒糖の甘い香りがプラスされてとがった気分が丸くなるような感じも大好きなところです。お湯が甘くなりそう、、と心配する方もいらっしゃいますが、お湯が甘くなるほどの多くの黒糖を使うわけではないので心配はないと思います。※おうちの浴槽環境など、黒糖やゆずで変質などが心配な方はメーカーに問い合わせるなど、事前に確かめてから使用することをおすすめします。肌刺激なども心配な方は、腕をあらかじめお湯につけてみて確かめてから入浴されるとより安心です。

 

ということで、我が家の「黒糖ゆず湯」の作り方をお伝えします。作り方はとっても簡単!※入浴1回分です。

 

2017122201952.jpg

①ゆずの果皮を剥いて、果皮を2.3切れ用意 ※なるべく無農薬のゆずが良いです。農薬は果皮の表面についているので、きれいに洗ってキッチンペーパーでふき取るといいでしょう。

②麦茶パックやだしパックを用意してそこに黒糖30gとゆずの果皮を2.、3切れ入れる。

 

2017122202038.jpg

③軽く手でもみ込み、黒糖にゆずの香りを移す。

 

2017122202130.jpg

④麦茶パックのままお風呂に入れればOK!

 

麦茶パックや、だしパックに入れてお風呂に浮かべれば「片付け」がとても楽です。パックに入れることで、肌刺激も少し和らぐような気がしますので、ゆずの果皮だけをパックに入れてゆず湯を楽しむだけでも、お肌チクチクの人には役立つかもしれません。

 

201712220229.jpg

 

いつものゆず湯やバスソルト、重曹バスに飽きている方がいらっしゃいましたら是非今年は「黒糖」も試してみてくださいね!ゆずだけでなく、パックにはローズなどハーブを入れて、ハーブバスが楽しめます。ハーブ風呂は花弁などの片付けが面倒ですが、これもパックのおかげで楽ちんです。ぜひパックも活用してみてくださいね。

 

「カボチャ」については、子供たちのリクエストで「カボチャのスープ」を作る予定です!冬至が過ぎれば、あとは1日1日春に近づく日々になります。ゆず湯とカボチャで厄払いをして、良い年を迎えたいですね!

 

2017122202248.jpg

 

 

吉祥寺 お正月飾りにもOK!アロマワックスサシェ作り

2017122122141.jpg

昨年より好評いただいている「アロマワックスサシェ作り」。本日は吉祥寺アロマ講座にてアロマワックスサシェ作りを楽しみました。季節柄、もうお正月飾りにも対応できるようにと「緑と赤」のコントラストもお正月っぽいデザインでレイアウトを決めて皆さん作成を楽しんでいました。

 

20171221234227.jpg

 

同じ「緑と赤」でも使用する植物の種類や並べ方でクリスマスっぽくなったり、お正月っぽくなったりと雰囲気が変わるのもクラフトの楽しさだなと改めて感じました。今回は、初めて講座に参加してくださった方も多く、ベテランの生徒さんが上手にアドバイス下さりスムーズに講座を進めることができました。

 

20171221224933.jpg

 

アロマで香りをブレンドするのが初めての方が多かったので、シナモンやジンジャーなど冬に使いたいスパイスのアロマオイル(精油)や、ラベンダーやフランキンセンスなど様々な種類のアロマオイルに触れていただきました。

 

アロマテラピーのレッスンでの醍醐味は、日頃嗅ぐ機会の少ないアロマオイル(精油)の香りを楽しんでもらったり、多くの種類のアロマオイル(精油)の香りを試していただけることだと思います。アロマワックスサシェ作りを通じて、クラフトの楽しさだけでなく「アロマテラピー」の醍醐味も楽しんで頂き、アロマオイル(精油)の効果効能の奥深さにも触れていただけたら嬉しいです。

 

K's Aromaでは「おうちで楽しむ季節のアロマ講座」を吉祥寺駅徒歩1分、リビングむさしのにて定期的に行っています。お問い合わせはお手数ですが、「リビングむさしの」までお電話にてお問い合わせくださいませ。

 

◆お問い合わせ先  リビングむさしの ☎0422-21-2531 (平日10時~17時)

 

2017122123412.jpg

月間カレンダー

loading...